みんなに伝えたいスポーツ情報

アロンソ、パワーユニット交換を決断。レッドブル+トロロッソ勢と共にグリッド降格決定(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: グリッド降格ペナルティが決まったフェルナンド・アロンソ

マクラーレンのフェルナンド・アロンソも、パワーユニットの複数のコンポーネントを交換したことにより、ロシアGPでグリッド降格ペナルティを受けることになった。

【動画】F1ロシアGPフリー走行1回目ハイライト

 レッドブルの2台は、今後のレースに向けて”スペックB”のパワーユニットを使えるようにするため、今回パワーユニットの交換を決断。さらにトロロッソ勢はホンダのアップデート版パワーユニットを投入することを決めた。そのため、この4台はグリッド最後方からロシアGP決勝をスタートすることが決まっていた。

 そしてこのグリッド降格組に、アロンソも加わることが明らかになった。アロンソは、パワーユニットの全コンポーネントを交換することを決断。やはりグリッドペナルティを受けることになる。

 グリッドの順は、新しいパワーユニットを使い始めた順に決定されるため、FP1開始15分前からピットレーンにはグリッド降格が決まった各車が並ぶこととなった。

 結局、アロンソのマシンをFP1のみドライブしたランド・ノリスが先頭に並んだため、16番グリッドからのスタートとなる予定だ。以降ダニエル・リカルド(レッドブル)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)の順で17番から20番グリッドに並ぶことになる。





キーワード