みんなに伝えたいスポーツ情報

トロロッソ・ホンダ|ハートレー「後方スタートは厳しいけど、ロングランには期待できるはず」|F1ロシアGP予選(motorsport.com 日本版)




[ 元の記事 ]
出典元: ロシアGP予選で16位となったブレンドン・ハートレー

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1ロシアGPの予選を16位で終えた。

【動画】F1ロシアGP予選ハイライト

 ハートレーはパワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティを受けるため、グリッド最後尾からのスタートが決まっている。そのため、予選パフォーマンスに集中することはなかったという。

「昨日科せられたペナルティのため、今日は予選に重きを置いていなかった」

 そうハートレーはチームのプレスリリースに語った。

「昨日はホンダの新しいパワーユニットを投入したけど、今週末の残りにはそれを使用しないという決断が下された。そのパワーユニットは間違いなく速く、そのことに疑問はない。でも、僕らは日本でそれが完璧に機能するようにしたいと思っている」

 ハートレーは、グリッド後方からスタートするレースが厳しいモノになると覚悟しているものの、ロングランのペースの良さに期待を寄せている。

「後方からスタートするレースは、僕らにとって厳しいモノになるだろう」

「ソフトタイヤでの昨日のロングランペースは、期待できるように見えた。だから、明日は少し戦うことができると思う」

「トリッキーな最初のコーナー(ターン2)では、過去にいくつかのインシデントが起きた。なぜなら、長い直線から、一気にタイトになるからだ。明日、何が起きるか見てみることにしよう。僕らはまだ、最善を尽くすことを目指している」


キーワード