みんなに伝えたいスポーツ情報

“ナンセンス”なF1ロシアGP予選にアロンソが批判。「F2レースの方が楽しめたよ」(オートスポーツweb)




[ 元の記事 ]
出典元: 2018年F1第16戦ロシアGP フェルナンド・アロンソ、カルロス・サインツJr.

一部チームが戦略的判断によりF1第16戦ロシアGPの予選走行を制限したことに関して、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは“ナンセンスな”セッションにF1ファンは不満を抱いただろうと考えている。

F1第16戦ロシアGP決勝 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は入賞ならず

 レッドブル、トロロッソ・ホンダ、マクラーレンは、パワーユニット交換によりグリッドペナルティを科されており、またルノーはピレリのハイパーソフトタイヤでのスタートを避けたことから、3分の1のチームがQ1とQ2で最小限の周回しかせず、パフォーマンスを出し切ることはなかった。

 意図的にガレージに残ることはアロンソにとってはよくあることだが、チームの決断は、観客にとっては不公平なものだったと認めている。

「僕たちは構わない。よくあることだし、なにがどうであれ従うよ」とアロンソは語った。

「でもファンにとっては問題かもしれないね。ナンセンスなQ1やほとんど重要性がなかったQ2のことをどう思うかファンに聞いてみるといい」

「少なくとも観客はF2レースの方が楽しめたと思う。観客にとっては、土曜日で最も楽しいことだったに違いない」

 予選トップ10内のドライバーはすべて、事実上ピレリのハイパーソフトをレースのスタート時に履くことになる。

 しかしハイパーソフトは耐久性に難があり、ペースをそれほど落とさず可能な限り速く走行するオープニングスティントにおいて、タイヤマネジメントにかなりの労力を割かなければならない。

 ルノーのドライバーたちは、Q2に進出した3台のマシンのグリッドペナルティが決まっていたため、レーススタート時に自由にタイヤを選ぶため、意図的にQ3進出を避け11番・12番グリッドを手にする決断を下していた。

[オートスポーツweb ]


キーワード