みんなに伝えたいスポーツ情報

佐藤琢磨、スーパーフォーミュラに登場! 最終戦JAF鈴鹿グランプリにて中嶋一貴と『SF19』のデモラン決定(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: デモランの担当が決まった佐藤琢磨と中嶋一貴

10月26~28日に鈴鹿サーキットで開催される『2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦第17回JAF鈴鹿グランプリ/FIA WTCR Race of Japan』にて、インディカーに参戦する佐藤琢磨が、2019年より使用される新型マシン『SF19』のデモランを行うことが決定した。

 今年はこれまでも数レースでデモランが行われており、各メーカーの様々な選手が走行を担当しているが、現役のスーパーフォーミュラドライバー以外がこのマシンをドライブするのは、これが初めてのことだ。

 また今回は、ホンダエンジン搭載車両とトヨタエンジン搭載車両の2台によるランデブー走行を行うことが決定。トヨタ側は、今年の8月にツインリンクもてぎでSF19のテストを行ったVANTELIN TEAM TOM’Sの中嶋一貴がドライブを担当する。

 このデモランは、スーパーフォーミュラの決勝レースが行われる10月28日(日)の午前9時40分から10時30分のピットウォーク中に、国際レーシングコースで行われる予定だ。

 昨年のインディ500を制した佐藤と、現役のスーパーフォーミュラドライバーであり、今年のル・マン24時間レースを制した中嶋の豪華共演が見られるのは、今回の走行だけ。ぜひ現地まで足を運び、世界の頂点に立ったふたりのドライバーによるSF19のデモランを見届けていただきたい。





キーワード