みんなに伝えたいスポーツ情報

マックス・フェルスタッペン「鈴鹿での一番の思い出は、2014年の金曜フリー走行」F1デビュー振り返る|F1日本GP(motorsport.com 日本版)




[ 元の記事 ]
出典元: 2014年の日本GPでF1初セッションを迎えたフェルスタッペン

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、日本GPを前に鈴鹿サーキットについての印象を語り、自身にとっては初めてF1のレースウィークを体験した思い出の場所だと語った。

今年は書道を体験したフェルスタッペンとリカルド。作品を前に笑顔

 これまで鈴鹿での日本GPには3度挑戦し、2度の2位表彰台を獲得しているフェルスタッペン。今年も表彰台に立ちたいと意気込みを語った。

 ただ、フェルスタッペンにとって鈴鹿サーキットは、2014年に初めてF1のフリー走行に参加した場所でもあり、それが同地での一番の思い出だという。

「僕にとって鈴鹿での一番の思い出は2014年の金曜フリー走行だ。僕にとっては最初にF1のレースウィークにドライバーとして参加した機会だったから、今でも特別な瞬間だ」

「また日本のファンの情熱は毎回素晴らしいなと思うし、彼らに会えるというのも日本GPに来る時の楽しみのひとつになっている」

 そう語ったフェルスタッペンは、鈴鹿サーキット攻略の上で一番重要なのはセクター1だとコメント。特にS字区間に重点を置いて準備を進めていきたいと語った。

「鈴鹿を攻略する上で一番重要になるのは第1セクターだ。特にS字区間をスピードを落とさずにスムーズに通過できるかで、タイムがかなり変わってくると思う。僕も鈴鹿ではS字の攻略を一番念頭に置いている」

 F1では史上最年少となる17歳でデビューしたフェルスタッペンだが、先月30日に21歳の誕生日を迎え、F1でのキャリアも4年目を迎えた。だが、純粋な経験値は増えたものの、大きな変化はないという。

「正直、あまり変わったとは思っていない。もちろん、17歳の頃と比べると純粋に経験値は積んでいるのは確かだ。だけどライフスタイルも含めて、特に大きく変わった感じはしていない」


キーワード