みんなに伝えたいスポーツ情報

F1レースディレクター「フェルスタッペンへのペナルティは妥当」と主張/F1日本GP(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: フェルスタッペンに押し出されたライコネン

F1のレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングは、日本GPの決勝レースでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にペナルティが科されたことについて、フェルスタッペンは”明らかに”ペナルティを受けるに値することをしていたと話した。

【リザルト】F1第17戦日本GP:決勝

 フェルスタッペンは、オープニングラップのシケインで止まりきれずにコースオフしてしまった。彼の後ろを走っていたキミ・ライコネン(フェラーリ)はここで前に出ようとするが、フェルスタッペンはライコネンを押し出すような格好でコースに復帰した。

 これについてスチュワードは、フェルスタッペンが安全ではない方法でコースに戻ったとして、5秒のタイムペナルティを科した。だがフェルスタッペンは、このペナルティについて”少しばかげている”と不満を口にしていた。

 しかしホワイティングは、間違いなくフェルスタッペンはコースへ戻った方法が原因でペナルティを受けるに値すると考えている。

 このインシデントについてmotorsport.comが尋ねたところ、ホワイティングは「ペナルティは極めて明確だ。なぜならマックスはトラックを離れ、安全ではない状態でコースに戻ったのだ」と語った。

「安全にコースへ戻ることが求められている。そこにいたキミがコース外へ押しやられたのだ。これはスチュワードにとっても非常に単純なことだ」





キーワード