みんなに伝えたいスポーツ情報

ゲルハルト・ベルガー、F3王者ミック・シューマッハーを賞賛。「彼は父ミハエルによく似ている」(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: ゲルハルト・ベルガーとミック・シューマッハー

DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)を運営するITRの会長を務める、元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、今季のF3欧州選手権でチャンピオンを獲得したミック・シューマッハーを賞賛。ミックは様々な部分で、彼の父親であるミハエル・シューマッハーを彷彿させると語る。

【動画】FIA F1世界選手権第17戦日本グランプリ ハイライト

 ミック・シューマッハーは、先週の土曜日にホッケンハイムで行われたF3欧州選手権のレース2で2位に入り、ダニエル・ティクトゥムを抑えて同選手権での今季のタイトルを手にした。父ミハエルがF3ドイツ選手権を制してから、実に28年後のことだった。

 ミックがカートを走らせていた頃、父ミハエルは常にその活動を支えていた。しかし2013年末にスキー中に事故に遭って頭部に重傷を負い、今もスイスの自宅で治療とリハビリを受け続けている。

 ベルガーはF1現役時代終盤、ミハエルと戦った人物である。しかも1996年には、フェラーリ入りが決まったミハエルと入れ替わるような形でベネトンに移籍した。

 そのベルガーはチャンピオンを獲得したミックについて、次のように語った。

「もちろん、ミックがタイトルを獲ったことをとても喜んでいる。彼は勝利を手にした。しかも表彰台を得ることで、自力でタイトルを決めたんだ」

「ミハエル・シューマッハーにとっても喜ばしいことだと思う。いつの日か、彼が我々と共に、ミックの将来のキャリアを見守ることができることを願っている」

「ミックは彼の父親に似ていたり、同じ姿勢や歩き方をしているだけでなく、同じような腕前を持っている。それに私は昨日気付いた。しかし決定的なのは、過去数週間の間で、彼には父親と同じレーシングドライバーとしての遺伝子が組み込まれていることを証明したことだ」

「彼がこのパフォーマンスを続けていくことができれば、彼は間違いなくF1に辿り着くことだろう」





キーワード