みんなに伝えたいスポーツ情報

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー、F1デビュー1周年。COTAの「セクター1は首がもぎ取られそう……」(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: 昨年のF1デビューがら一年が経った

今週末に開催されるF1アメリカGP。舞台はテキサス州オースティン、サーキット・オブ・ジ・アメリカズである。

【動画】F1第17戦日本GP決勝ハイライト

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーにとって、このアメリカGPでF1デビュー1周年。節目のグランプリということになる。

「アメリカGPでF1デビューしてから、1年が過ぎ去った。オースティンに戻るのを、とても楽しみにしている。ここは僕が大好きな街であり、楽しいサーキットだからだ」

 ハートレーは、チームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

 前戦日本GPは、ハートレーにとって飛躍のレースとなった。予選6番手と、自身最高位を記録したのだ。しかし決勝ではスタートでの遅れ、そして戦略のミスが響き、13位フィニッシュにとどまっている。

 とはいえ、マシンが進歩しているのもまた事実。そのためハートレーは、今週末のアメリカGPに向けても、高い期待を抱いているようだ。

「日本でのポジティブな予選結果を手に、僕らはアメリカに向かう。この結果は、僕らは明らかに前進してきたことを示している。そして、再び良い予選パフォーマンスを発揮することを目指しているし、今度こそ日曜日の決勝でポイントを獲得したいと思う」

「F1での1年というのは、小さな節目だ。そして今シーズン初めて、すでにF1で走ったこともあるサーキットに行く」

”経験済み”のサーキット・オブ・ジ・アメリカズについて、ハートレーは次のように解説する。

「このサーキットには色んなキャラクターがある。起伏が激しく、最初のセクターは、鈴鹿のS字によく似ているんだ」

 そうハートレーは語る。

「F1マシンで最初に走った時のことを、僕は忘れられない。その区間では、首がもぎ取られてしまうように、右に左にと持って行かれるんだ。F1カレンダーの中でも、最も印象的なセクターのひとつだ」

「そしてサーキットの路面は、全体的にバンピーだし、とてもテクニカルなコースだと思う」





キーワード