みんなに伝えたいスポーツ情報

FP4のクラッシュにより、2台目のバイクで自信を欠いたマルケス「明日はリスクを避ける」|MotoGP日本GP(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: 日本GPの予選で6位となったマルク・マルケス

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、FP4でクラッシュしたことにより2台目のバイクで予選を戦ったため、自信を欠いていたことで6位になってしまったと語った。

【リザルト】MotoGP日本GP予選結果

 マルケスはタイトル獲得の可能性も有した状態で、日本GPに臨んだ。しかし、予選直前のフリー走行4回目で転倒し、マシンを大破させてしまう。

 マルケスはこのマシンについて、セットアップがかなり進んでいたと語る。

「レイアウトはアラゴンやタイとは全く異なる。そして、バイクのバランスを、このもてぎに合わせようとしている」

 そうマルケスは語った。

「それはバイクのバランスに関するものだ」

「僕はもてぎに合わせて、いくつかのことを変えようとした。そして、間違いなく良い感触を得られるようになった。2台目のバイクもベースは同じになっていた。うまく働くはずだったし、それほど遠くはなかったんだけど……十分に自信を感じることができなかった」

「そういう理由から、明日は僕らのベストなバイクを使って、FP4のような強力なリズムを取り戻せることを願っている」

 タイトル獲得に王手をかけるマルケス。しかしまだ残りレースがあることから、リスクを負った戦いは避けると語った。

「もちろん、僕らはタイトルのために戦っている。僕もそれを目指している。でも、明日の主な目標は、表彰台に上がることだ。まだ4レース残っている。最後のチャンスじゃないからね」

 そうマルケスは語った。

「小さな選択肢があればトライしてみるし、プッシュしてみる。勝利を目指してレースをスタートするだろう。そして僕らが戦うことができるか、そしてそのためにはリスクが高すぎるのか、表彰台で終えようとするべきなのかを見ることになるだろう」





キーワード