みんなに伝えたいスポーツ情報

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー「メキシコは標高が高いから、すべてにおいて難しい。でも雰囲気は特別!」(motorsport.com 日本版)

[ 元の記事 ]
出典元: トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー

アメリカGPを12位で終えた、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末に2週連続で開催されるF1メキシコGPへ向けた意気込みを語った。

【動画】F1アメリカGP決勝ハイライト

「去年、僕はメキシコGPで13位に入った」

 ガスリーはチームのプレビューにそうコメントを寄せた。

「それは、僕にとって去年の中で一番良いレースだった。熱狂的なものすごい数の観衆がいて、彼らのおかげでサーキットの雰囲気は信じられないほど特別なんだ」

「レースが行われる時期は、メキシコは”死者の日”のお祭りに向けた準備をしている。それがまた、特別な要素を付け加えてくれる」

 13位だったとはいえ、彼にとっての昨年のメキシコGPは、非常に厳しいものだった。

「去年、僕はとても難しい時間を過ごした。様々な理由から、レースまでほとんど走ることができなかったんだ。予選を走ることすらできなかった」

 メキシコGPの舞台となるメキシコシティは、非常に標高の高いところに位置している。そのため、ドライバーのみならずマシンにとっても厳しいグランプリとなる。

「技術的な観点からしても、複雑なレースになるだろう。主に、標高が全てに影響を与える。エンジン、ブレーキング、信頼性……グリップもいつもよりずっと少ないから、マシンをセットアップするのはとても難しい」

「肉体的にも、酸素濃度が低いことを認識することになる。それは標高が低いところで行われるレースよりも、少し厳しいんだ。でも、コースにはビッグブレーキのポイントがあるわけでもないし、大きなGがかかるコーナーがあるわけでもない。だから、実際にはそれほど厳しいというものでもないんだ」





キーワード