みんなに伝えたいスポーツ情報

【天皇賞・秋】キセキ復活の兆し!逃げ粘り3着 川田「菊花賞馬としてのレースはできた」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 川田将雅騎手騎乗のキセキは3着

10月28日の東京11Rで行われた第158回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、12頭立て=ダンビュライトは競走除外、1着賞金=1億5000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が差し切り勝ち。昨年のダービーに続くGI・2勝目を挙げた。

 昨年の菊花賞馬キセキはスタートから果敢にハナを奪うと、直線でも脚いろは衰えず、2着サングレーザーにハナ差かわされたものの3着に逃げ粘った。

 川田騎手「前に行く馬がいなかったので、自分で組み立てようと思っていた。前走より具合が良かったし、菊花賞馬としてのレースはできたと思う。次に向けて得るものはあった」


キーワード