みんなに伝えたいスポーツ情報

【天皇賞・秋】サングレーザー上がり最速で急追も2着まで モレイラ「最後の200メートルで『もしかしたら』と思った」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: J.モレイラ騎手騎乗のサングレーザーは2着

10月28日の東京11Rで行われた第158回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、12頭立て=ダンビュライトは競走除外、1着賞金=1億5000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が差し切り勝ち。昨年のダービーに続くGI・2勝目を挙げた。

 モレイラ騎手騎乗の4番人気サングレーザーは道中は勝ち馬をマークする形だったが直線大外から上がり最速の脚で急追し、逃げたキセキをハナ差かわして2着に入った。

 モレイラ騎手「道中はスムーズで手応えも良く、最後の200メートルで“もしかしたら”と思った。本当に一生懸命走ってくれた。ありがとう」


キーワード