みんなに伝えたいスポーツ情報

【天皇賞・秋】昨年の皐月賞馬アルアイン集中力欠くも4着 北村友「最後で伸びあぐねた」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 北村友一騎手騎乗のアルアインは4着

10月28日の東京11Rで行われた第158回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、12頭立て=ダンビュライトは競走除外、1着賞金=1億5000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が差し切り勝ち。昨年のダービーに続くGI・2勝目を挙げた。

 昨年の皐月賞馬アルアインは2番手追走から伸びあぐねるも4着を死守した。

 北村友騎手「ペースが遅すぎると嫌だなと思っていましたが、ある程度流れてくれたので、2番手から上手に折り合い、スムーズでした。思い描いていた競馬はできましたね。手応え良く直線に向いて、右手前に替えたところでもうひと伸びしそうでしたが、最後で伸びあぐねてしまいましたね。坂で左手前に替え、かわされたところで集中力を欠く場面がありました。ただ、時計が速く、集中力を欠くなかでも頑張ってくれましたよ」





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。