みんなに伝えたいスポーツ情報

【東西現場記者走る】キタサンミカヅキ、デキ最高!(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 千葉記者は船橋競馬場でキタサンミカヅキの充実ぶりを確かに感じ取った (撮影・奈良武)

密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画『東西現場記者走る』は、もちろんJpnIのJBC3競走も徹底連載。担当する東京サンスポの千葉智春記者(34)は初日、スプリントのキタサンミカヅキ、ノブワイルドに注目した。ともに芸能人馬主の所有馬であり、前走で交流重賞を勝つなど勢い十分。2007年フジノウェーブ以来の地方馬による戴冠の可能性を探った。

 先週の天皇賞・秋は会社で観戦。本命のレイデオロに「ルメール…!」と小声で声援を送り、◎→△△の的中に胸をなで下ろした。JBC3競走の連載を前に、ほどよく肩の力が抜けた。実は先週から既に“助走”している。26日に、出社前に船橋競馬場に取材へ出向いた。標的はスプリントのキタサンミカヅキだ。

 昨年6月にJRAから転入してアフター5スター賞-東京盃と連勝し、当レースも0秒1差5着に善戦。今年も同じローテを連勝中で、全地方馬で最も戴冠の可能性を感じる。キタサンブラックの北島三郎オーナーが、今度は砂の頂点をつかむかもしれない。担当の高橋厩務員を直撃した。

 「昨年はあまりいい状態とはいえなかった」が、今は調教の動きが全然違うという。2走前Vの後に楽をさせ、前走を使って「目イチの仕上げ。臨戦過程は今年の方がはるかにいい」とデキに自信の様子だ。

 森泰斗騎手とのコンビで3連勝中。「初めて乗ったときから“走る”と言っていました」。以前より前めで運ぶ形も板につき、昨年が大井の重馬場で0秒1差なら、京都の軽いダートも対応できそう。ただ、美浦所属時の関西圏では7戦して連対がなく、長距離輸送後の状態も見極めたいところだ。

 そして、月曜は朝から浦和、午後に大井競馬場へと奔走。特にスプリントのノブワイルドの追い切りが目を引いた。浦和の本馬場で道中は軽快な脚取り。4コーナーで大きく外を回り、馬なりで5ハロン66秒6、3ハロン37秒6と力強く伸びた。

 騎乗した橋尚也調教専門厩務員は「本番で気分良く走れるよう、オーバーワークにならない程度に。いい流れできています」と好感触。気難しい面もあって逃げる形が多いが、「前走は隣に馬がいても走れていて、改善してきた印象。以前は番手でも結果を出していたし、スムーズなら」と一発の期待を込める。JpnIIIオーバルスプリントを制して勢いも十分。こちらもTUBEの前田亘輝さん所有馬と、砂の祭典らしい盛り上がりだ。

 大井競馬場を出る頃には外も真っ暗。強豪ぞろいのJRA勢追跡へ、駆け足で美浦トレセンへと向かった。(千葉智春)

■JBC

 本家・米国のブリーダーズカップを手本として、ダートの各カテゴリーにおける中央&地方のチャンピオン決定戦として2001年に創設。当初は2000メートルのクラシック、1200メートルのスプリントの2レースで行われ、11年に1800メートルのレディスクラシックが加わった。持ち回りで開催されるため、年度によって距離が変更されることもある。今年は、初めてJRAの競馬場で開催。JBCは「Japan Breeding farm’s Cup」の略称。

■東西現場記者走る

 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の紙面。今週はJBC3競走を取り上げる特別バージョンでお届けする。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。