みんなに伝えたいスポーツ情報

【血統ピックアップ】JBCクラシック(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 古豪の8歳馬で1年2カ月ぶりの実戦となるクリソライト

例年、地方競馬場で開催されるが、今年は初めて中央の競馬場で施行。砂の深い地方から軽い京都コースに替わり、クリソライトのスピードがモノをいいそうだ。

 叔父に2006年のJCダートを制したアロンダイトがいるが、母系は芝にも対応できるスピードを秘めており、半妹にはエリザベス女王杯と宝塚記念を制したマリアライト(父ディープインパクト)がいる。本馬の父ゴールドアリュールは、中央と地方でダートGIを4勝。産駒の活躍の場も圧倒的にダートに偏っている。パワーと速力を兼備しており、速さが生きる舞台でより強さを発揮する。

 古豪の8歳馬で1年2カ月ぶりの実戦となるが、休養前の走りから能力に陰りはなく、魅力は十分だ。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。