みんなに伝えたいスポーツ情報

【JBCクラシック】安定感光るケイティブレイブ(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 秋の始動戦で交流重賞8勝目を飾ったケイティブレイブ

群雄割拠の様相を呈しているが、ここ3戦の安定感が光るケイティブレイブが一歩リード。中央の軽いダートに適応できれば勝機が見えてくる。底を見せていない3歳馬オメガパフュームが逆転候補。先行争いが激しくなれば狙い目になる。同舞台の平安Sを制したサンライズソア、京都ダート5勝の実績があるテイエムジンソク、大井で行われた昨年の覇者サウンドトゥルー、むら駆けだが底力のあるアポロケンタッキー、距離に不安はあるものの実績上位のノンコノユメなどが覇権争いに加わってきそうだ。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。