みんなに伝えたいスポーツ情報

な、なんとルーキー最速デビュー!ロッテD1・藤原が2・1紅白戦起用へ(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 指名あいさつに大阪桐蔭高を訪れ、藤原(右)と握手する井口監督(撮影・二星昭子)

ロッテからドラフト1位指名を受けた藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=は29日、大阪府大東市の同校で指名あいさつを受けた。自ら足を運んだ井口資仁監督(43)は、来年2月1日のキャンプ初日に“ルーキー最速”で実戦起用することを明言した。

 井口監督自ら指名あいさつに出向いたのは、それだけ期待しているからこそだ。

 「本人も言っているように30-30(打率3割、30盗塁)を狙える選手。自分もそういう思いでプロに入ったし、常勝マリーンズに欠かせない選手になってほしい」

 藤原は、井口監督、松本編成部長、下敷領担当スカウトと約30分の面会を終え、「緊張しました。(井口監督は)格好良かったです。練習時間など、いろいろな話もできました」とドキドキの初対面を振り返った。

 今夏の甲子園では4番として3本塁打。史上初の春夏連覇に貢献した走攻守そろった“超高校級”の逸材。「足を一番アピールしたい」と話したが、同時に「今の打撃、肩ではプロで通用するとは思っていない。来春のキャンプまでにギアを1つ上げて、準備したい」と気持ちを高めた。

 その沖縄・石垣島キャンプは今季と同様に1、2軍のへだてなくスタート。さらに、井口監督は初日の2月1日から紅白戦を設定し、「もちろん全員が出場します。しっかり準備しておくよう伝えました」と、ルーキーでは“最速”となる実戦デビューを約束した。

 大阪桐蔭高からは、根尾(中日1位)、横川(巨人4位)、柿木(日本ハム5位)の同級生3人もプロ入りする。「切磋琢磨(せっさたくま)して、自分はトリプル3に向かって力をつけたい」と力強く次のステップを踏み出した。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。