みんなに伝えたいスポーツ情報

西岡良仁 フェデラーと対戦。この経験は宝物(インタビュー)【USオープン】(TENNIS.JP)




[ 元の記事 ]
出典元: 西岡良仁

西岡良仁(ミキハウス)がセンターコートのナイトセッションで4大大会歴代最多の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)と対戦した。
最初は地に足がついていない感じだったが、第3セットはフェデラーを追い込んでいた。2-6、2-6、4-6、試合時間は1時間52分。大きな拍手が西岡の健闘を称えていた。

「アーサーアッシュスタジアムでフェデラー選手との試合。2万人を超えるスタジアムでフェデラー選手との試合はやはり緊張しました。
あの雰囲気は言葉では言い表せないほどのものがありました。この経験は宝物です。忘れる事なくまたこのコートに立てるよう頑張ります。」西岡良仁ブログより。

敗れたものの貴重な経験をこのUSオープンで積んだ。
西岡にとってグランドスラム大会初勝利もUSオープン(2015年)だった。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。