みんなに伝えたいスポーツ情報

【覆面記者の耳よりトーク】JBCクラシック(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 絶好調のC.ルメール騎手が騎乗することでも注目を集めているサンライズソア

今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、JBCクラシックを徹底検証。トレセンの情報から、サンライズソアをイチ推し候補にピックアップ。実績を残すコース、脚質なら期待が高まる。一方、人気が予想されるケイティブレイブは、久しぶりの中央場所の時計勝負に対応できるかが鍵になりそうだ。

 ◇ 

 記者A JRAで行われる初の交流GI。京都コースの適性が、JBCクラシックの結果に直結しそうやな。

 記者B 多くのトレセン関係者の意見も同じでした。「地方の深い砂と京都の軽い砂は違うし、時計勝負に対応できるかがポイント」との声が多数。E助手など何人かは「地方より、中央で結果を出している馬を信頼した方がいいのでは」と話していました。

 記者C 地方での実績がまさるケイティブレイブは微妙やな。パワー優先、時計のかかる勝負に向いているのは明らか。杉山調教師が「どちらかといえば、地方の砂の方がいいのは確か」と話しているぐらいや。しばらく中央の舞台から遠ざかっていたアポロケンタッキーにも、同じことがいえるわな。

 記者D 狙うならサンライズソアでしょう。同舞台の2走前の平安Sを完勝。中央を主戦場にしているダート巧者という点で安心できるし「京都で争えるのはいいね。攻めの動きがよく、デキもいい」と河内調教師も色気を持っています。

 記者A 確かにソアは狙えるで。ジョッキー数人の「京都のダ1900メートルは、1コーナーまでに距離があるから流れが落ち着きやすい。先行馬の方が活躍できる」との話にも合致する脚質や。

 記者D 鞍上がGI3連勝中のルメールというのも心強い限り。前走でソアのことを分かっただろうし、買い材料がそろっているここは、中心視できるでしょう。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。