みんなに伝えたいスポーツ情報

片岡、国内で再起狙う!通算8アンダー4位浮上「ショットいい」/国内男子(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
平和PGM選手権第2日(2日、沖縄・PGMゴルフリゾート沖縄=7270ヤード、パー72)14位からスタートした片岡大育(30)=日立キャピタル=が8バーディー、3ボギーの67で回り、通算8アンダーで4位に浮上した。今季は海外ツアーを主戦場とするも思うような結果を残せず、決意を新たに再起のきっかけをつかむ。ショーン・ノリス(36)=南アフリカ=が通算11アンダーで首位に立った。

 片岡が首位と3打差につけ「ショットは2日間いい感じ。パットも入ってくれた」と納得の表情だ。出だしの10番(パー4)は2打目がOBも、10メートルのボギーパットを沈めて逆に勢いづいた。今季は欧州とアジアのツアーに挑戦したが思うような結果が出ず、9月から国内ツアーに専念。「周りの人に心配をかけている。終盤戦で上位に入って安心させたい」と意気込んだ。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。