みんなに伝えたいスポーツ情報

高安、左脚に違和感も「大丈夫」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
大相撲九州場所(11日初日、福岡国際センター)大関高安が2日、小結貴景勝を指名した三番稽古(同じ相手と何度も取る)を始めた直後、左脚付け根に違和感を訴え、わずか2番で自ら打ち切った。いずれも押し出されて表情をゆがめたが、稽古後は「絶好調。大丈夫」と大事には至らず。連合稽古とあって13人の親方が見守るなか「全力で相撲を取らないといけないので」と自重し、すり足やてっぽうで汗を流した。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。