みんなに伝えたいスポーツ情報

ザギトワ首位発進もジャンプミスに「がっかりしている」SP68・90点(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: コリラックマのティッシュケースを抱えながら取材に応じるザギトワ(カメラ・高木恵)

◆フィギュアスケートGPシリーズ第3戦 フィンランド大会第1日(2日)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=は首位に立ったが、新ルール採用後の自身の世界最高得点79・93点に10点以上及ばない68・90点に笑顔はなかった。

 冒頭のルッツ―ループの連続3回転のループが1回転になるミスが出た。「自分の滑りにがっかりしている。いろんな考えが頭に浮かんで、考え過ぎてしまった。もっと自信をもって滑るべきだった」とうつむいた。

 3日に行われるフリーは本郷が1番滑走(24時37分)、坂本が5番(25時8分)、ザギトワが9番(25時47分)、白岩が10番(25時55分)。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。