みんなに伝えたいスポーツ情報

ノア斎藤、凱旋に気合…22日&12月14日に仙台大会(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: ノアの仙台大会をPRした斎藤

プロレスリング・ノアで仙台市出身のGHCヘビー級タッグ王者・斎藤彰俊(53)がこのほど、報知新聞東北支局に訪れ、22日と12月14日に仙台PITで行われる2大会をPRした。

 22日の大会は10月30日から始まったグローバルリーグ2018Aブロックの最終戦。「リーグを制して優勝決定戦(25日、後楽園ホール)進めるかがかかる、大事な試合になる。自分にとって仙台はホームなので、ヘビー級らしい迫力ある試合を見せたい」と意気込んだ。

 五橋中卒業まで仙台で過ごした斎藤は、水泳選手として平泳ぎでジュニアオリンピック杯3位に入るなどの実績も残していた。今でも年に2、3度は帰って来るといい、「小さい頃は、ずんだとイナゴで体を作っていた。故郷の空気を吸うと、幸せホルモンが湧いて、一段と気持ちが入る」と、仙台での凱旋(がいせん)試合を楽しみにしていた。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。