みんなに伝えたいスポーツ情報

羽生結弦、連日の4回転トウループ―3回転半ジャンプ成功 試合で決めれば世界初(スポーツ報知)

[ 元の記事 ]
出典元: 調整する羽生結弦(右)(ロイター)

◆フィギュアスケートGPシリーズ第3戦 フィンランド大会(2日・ヘルシンキアイスホール)

 【ヘルシンキ(フィンランド)2日=高木恵】フィギュアスケートGPシリーズ第3戦、フィンランド大会は2日にヘルシンキアイスホールで開幕。男子五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=は公式練習で、フリー後半に組み込む予定の4回転トウループ―3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)の大技を前日に続き成功させた。試合で成功すれば世界初となる。

 フリー「Origin」の曲かけでは冒頭の4回転ループ、続く4回転サルコーは回転が抜け、4回転トウループは軸が傾き転倒するなどミスが続いたが、その後、ジャンプを修正。サルコー、トウループの精度は向上し、前日は決まらなかった4回転ループも3本着氷させた。

 会場での初練習を行った1日には「今日はまだちょっとフラフラしていた。しっかり、コンディションをあわせていきたい」と話していた羽生。3日のショートプログラム(SP)へ、調子を整えていく。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。