みんなに伝えたいスポーツ情報

【データで勝負】土曜東京6R(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
【データからの注目馬・東京6R】

◎(11)アンバラージュ

☆2012年以降の同開催、同条件5レースを参考。非社台系生産馬が3勝、2着3回、3着5回と奮闘ぶりが目立っている。騎手では【1・0・1・0】の石川裕紀人、調教師なら【0・0・2・0】をマークする相沢郁に注目したい。種牡馬では【1・0・1・1】と堅調なハーツクライがおすすめ

 ビッグレッドファーム産のアンバラージュは1400メートルで実績を残しているペルソナリテの半妹。2頭を送り込んで3、3着の相沢厩舎なら馬券の軸に期待できそうだ。鞍上が石川騎手のビービーステルス、ハーツクライ産駒のアゴベイが馬券の相手とみた。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。