みんなに伝えたいスポーツ情報

【2歳新馬】京都7R 良血ラヴズオンリーユーが先行抜け出す ルメール「これからが楽しみ」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 好位追走から直線最内を抜け出してデビュー勝ちを飾ったラヴズオンリーユー

11月3日の京都7R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気ラヴズオンリーユー(牝、栗東・矢作芳人厩舎)が好位追走から直線最内を抜け出してデビュー勝ち。タイムは1分50秒9(良)。

 1馬身1/4差の2着にはC.デムーロ騎乗のシーザリオの孫、先行したアーデンフォレスト(1番人気)。そこからさらに1馬身1/4差遅れた3着に先行して外めを伸びたヒルノダカール(4番人気)。

 ラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父ストームキャットという血統。全兄のリアルスティールは2016年ドバイターフ・GIの勝ち馬。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ラヴズオンリーユー)「競馬のセンスがある。能力が高いです。切れ味もありました。距離は2000メートルくらいがいいですね。これからが楽しみ」





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。