みんなに伝えたいスポーツ情報

【JBC・3競走】ルメール騎乗サンライズソア河内調教師「五分に出てくれさえすれば」(東スポWeb)

[ 元の記事 ]
出典元: 河内洋調教師(左)と稲富

【JBC・3競走(日曜=4日、京都競馬場ダート)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。今週のトレセン取材は皆さんバタバタ&ソワソワムード。なんたって「ダートの祭典」JBCが初めて中央で行われるんですから。一日にGI(JpnI)3レースが、京都競馬場で…。盛り上がること間違いなしでしょっ!? 私なんか張り切ってトレセンの中を6000歩も歩いたからね!(そんな多くもなく中途半端な数字やなぁ)そんなわけで各レースの気になる馬を次から次へと取材してきやした。

 まずはメインのJBCクラシック(1900メートル)。前走のシリウスSではトップハンデを背負いながらも3着に踏ん張っていたサンライズソアにロックオン! 河内先生、この中間の様子を教えてくださいっ。

「1回使って雰囲気が良くなりましたね。変な気負いがなく、落ち着いていて、前回よりも確実にいい状態です。1週前に速い時計を出したので直前は単走で。馬場状態が悪い中でしたが、しっかり動けてましたね」

 何が魅力かって1900メートルは2戦2勝と好相性。しかもパートナーも絶好調のルメール騎手ですからね。状態もいいとなると、もはや隙なしに見えますが…。ポイントはどこになりますか?

「後手に回ると全然ダメな時もあるので、スタートが一番のカギだと思っています。五分に出てくれさえすれば、自分のリズムに合った前めの競馬で、しぶとさを発揮できると思いますよ」

 今週もルメール騎手の手綱さばきに大注目やなぁ。

 お次はメイン前のJBCスプリント(1200メートル)。注目馬は…おなじみレッツゴードンキちゃんです。梅田先生、ダートは3度目の出走になりますねっ。

「過去2回(2016年JBCレディスクラシック=2着、18年フェブラリーS=5着)は強い相手に、いい競馬をしてくれてますからね。ただ距離はともに1600メートルだった。お母さんがダートの短距離で活躍した馬ですから、もしかしたら今回が一番合う条件なんじゃないかなと。6歳牝馬やから、少し上昇度が緩やかになってはいるんですけどね。逆に言えばキーンランドC(5着)で復帰して、前走のスプリンターズS(5着)を使われ、またさらに上向いてきている感じはあります。楽しんで走ってきてくれるといいなと思っていますよ」

 上昇途上でも掲示板は外さなかったドンキ姉さん! いつも元気をくれてありがとう!(ただのファンか)

 そして最後はJBCレディスクラシック(1800メートル)。中竹厩舎の辻野助手はなんと担当馬を2頭も出走させます! まず気になるのはクイーンマンボの前走(レディスプレリュード=7着)なんですが…。

「門別(ブリーダーズGC=3着)から帰ってきて栗東近郊に放牧に出したところ、気持ちの面がリセットされ過ぎてしまったのかな。調教の段階から気持ちが入っていない感じで、そのあたりが前走に出てしまった」

 あらっ、まったりした性格なんですか?

「マイペースといいますか、のんびり屋さんではありますね。ただ1回競馬を使ったことで、だいぶピリッとしてきましたし、その感覚をレースまで持たせたかったので、ラストはしっかり反応させる調教を行いました。今回は戦闘モードに入ってるんじゃないかな。力さえ出してくれれば、どんな舞台でもやってくれると思います」

 それは楽しみですっ。そしてラビットラン。こちらは芝でもダートでも走ってくれますよね。

「芝でローズSを勝ってくれましたが、もともとダートでデビューしたくらいで、血統的には砂向き。ただキレがあるので二刀流の走りを見せられるんだと思います。名前の通りウサギみたいな走り方をする馬。ぴょんぴょんと跳んで走る感じなので、乗っていて不思議な感覚になりますね。前回(ブリーダーズGC=1着)は雨が降って軽い馬場になりましたが、今回はそうならなさそう。乾いた馬場になった時、どうなるかがポイントになりますね」

 くぅーっ、どのレースも見どころたっぷりで楽しみすぎるぅ! 当日は京都競馬場での観戦ではなく、ウインズ後楽園で皆さんと楽しめたらなぁと思っていますので、お近くの方はぜひっ♪(最後は宣伝かーいっ)

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。