みんなに伝えたいスポーツ情報

龍谷大平安、履正社下し5年ぶりの決勝進出/秋季近畿大会(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
来春の選抜出場の重要資料となる高校野球の秋季近畿大会準決勝が3日、ほっともっとフィールド神戸で行われ、龍谷大平安(京都3位)が7-0の七回コールドで履正社(大阪1位)を下し、5年ぶりの決勝進出を決めた。

 1点を先制した三回に二死一、二塁で5番・奥村真大内野手(1年)が左翼へ追撃の3ラン。4-0の五回一死一塁では主将の4番・水谷祥平外野手(2年)も左翼へ一発を放ち、大阪王者を圧倒した。

 練習試合も含めて高校初となる本塁打を大事な一戦で記録した奥村は「1点を取ったあとで追加点がほしい場面だったので振り抜いて、ヒットの延長で入ったのがうれしかった。一人一人が勝つという気持ち、挑戦者の気持ちでやっているので、次の試合も上からではなく、下から相手を潰していく形で、一戦必勝で勝っていきたい」と早くも4日の決勝をにらんでいた。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。