みんなに伝えたいスポーツ情報

羽生、世界初の偉業も「加点がつかなきゃ意味がない」 体操内村から刺激/フィギュア(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会最終日(4日、ヘルシンキ)男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で首位に立った五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=は、フリーも1位で今季世界最高の190・43点。合計297・12点でファイナル4連覇を含むGP9勝目を挙げた。SPに続いてフリー、合計でもルール改正後の世界最高得点となった。

 羽生は「新しいスタートがやっときれた。やっと(GP)初戦に勝てた。しっかり滑り込むことができたことがこの結果につながった」とホッとした表情。「きょうは戦いだった。思わしくないところがあって、足にもきていた。何とか戦い抜いた」と振り返った。

 世界初の4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半)を成功させたが、出来栄え点(GOE)は0・14点の減点だった。「加点がつかなきゃ意味がない。次は加点がつけられるようにがんばる。体操の内村(航平)さんも言っているけど、最後はピチッと決めないといけない。決めてからが自分の中ではスタート、成功したと言えるようになる」と満足することはなかった。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。