みんなに伝えたいスポーツ情報

鹿島、20冠王手!アジア初制覇へ2-0先勝/ACL(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 後半13分に先制ゴールを決めたレオシルバ(右)と鈴木 (撮影・中井誠)

アジア・チャンピオンズリーグ決勝第1戦(3日、鹿島2-0ペルセポリス、カシマ)ホームアンドアウェー方式で、ホームのJ1鹿島がペルセポリス(イラン)に2-0で勝利した。昨年のJ1浦和に続く日本勢2連覇を目指す鹿島は、後半13分にMFレオシルバ(32)が先制ゴール。同25分にはFWセルジーニョ(23)の5試合連続得点で突き放し、最後までアウェーゴールを許さなかった。第2戦は10日(日本時間11日)にテヘランで行われる。

 “神様”から授かった助っ人が、また決めた。1-0の後半25分。鹿島FWセルジーニョがアジア制覇を引き寄せる駄目押し弾だ。MF三竿健の浮き球のパスを左足アウトサイドで流し込むと、真っ赤に染まったスタンドに歓喜が渦巻いた。

 「(三竿)ケント! と叫んだら言葉が通じたみたいで、パスをくれた。あとは決めるだけだった」

 セルジーニョはACLで5試合連続ゴール。Jクラブ所属選手では2009年にFWレアンドロ(G大阪)が記録した連続得点に並んだ。前半は拮抗した時間が続き、相手サポーターがピッチに乱入する騒ぎも。後半13分に試合が動く。MF土居とのパス交換からMFレオシルバが左足で左隅に突き刺した。

 スタンドでは元ブラジル代表の10番で、鹿島の草創期に活躍したジーコ氏(65)が笑みを浮かべた。7月17日に古巣・鹿島のテクニカルディレクターに就任し、サントス(ブラジル)からセルジーニョを獲得。複数クラブからのオファーを受けていたFWは、“神様”の誘いに鹿島移籍を即決した。大一番を前にジーコ氏から「勝利のためにプレーしろ。常にゴールを狙い続けろ」と訓示を受け、ピッチに飛び出した。

 10日(日本時間11日)の第2戦は引き分け以上で悲願のアジア制覇。負けても条件次第で優勝が決まる。今回、相手にアウェーゴールを許さなかったため、優位に戦える。大観衆が見込まれる敵地に乗り込むが、DF昌子は「勝利して10万人の(相手)サポーターを黙らさせる」。常勝軍団が20個目のタイトルをかけ、決戦に挑む。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。