みんなに伝えたいスポーツ情報

【メルボルンC】チェスナットコート、コーフィールドC13着からの巻き返しなるか(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 今年のメルボルンCに出走するチェスナットコート

11月6日、オーストラリアのフレミントン競馬場でメルボルンカップ(GI)が実施される。今年のメルボルンCには、日本からチェスナットコート(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が出走を予定している。同馬は遠征初戦となったコーフィールドC(GI)では13着という結果に終わったが、メルボルンCで巻き返すことができるだろうか。ちなみに、2008年にはコーフィールドC10着のヴュードがメルボルンCを制している。

 近年のメルボルンCでは、オセアニア以外から遠征してきた馬の活躍が目立ち、過去 10年で欧州からの遠征馬が4勝を挙げている。また、2006年には日本から遠征したデルタブルース、ポップロックがワンツーフィニッシュを決めており、チェスナットコートには日本馬としては12年ぶりとなるメルボルンC制覇がかかる。Vなら、同馬に騎乗予定の川田将雅騎手は海外GI初制覇、管理する矢作調教師は2016年のドバイターフ(UAE)以来の海外GI制覇となる。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。