みんなに伝えたいスポーツ情報

【AR共和国杯】宝塚3着のノーブルマーズは見せ場なく9着 高倉「叩いて次に変わってくれれば」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
11月4日の東京11Rで行われた第56回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、コルム・オドノヒュー騎手騎乗の3番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて、レースの上がり3ハロンが33秒3という瞬発力勝負を制した。タイムは2分33秒7(良)。

 2走前に同舞台で行われた目黒記念で2着に善戦しており、前走の宝塚記念では強力なメンバーに入って3着好走しているノーブルマーズは、道中は逃げ馬の直後を追走したものの、勝負どころで手応えが怪しくなり後退。大きな見せ場を作ることができず9着に敗れた。

 高倉稜騎手「追い切りに2週乗らせてもらいましたが、そのときから本来の良さを感じなくて…。切れ味勝負も向いていませんから…。叩いて次に変わってくれれば」


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。