みんなに伝えたいスポーツ情報

明大、3点差守り切れず…福田主将「悔しい」/関東対抗戦(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
関東大学ラグビー対抗戦(4日、明大24-28慶大、秩父宮)明大は後半28分にFB山沢のトライで24-21と逆転したが、3点差を守り切れず再逆転され今季初黒星。「悔しい負け方。どこかに甘さがあったということ」とSH福田主将は唇をかんだ。18日に当たる5戦全勝の帝京大には、春、夏に2度勝っている。田中監督は「チャレンジするしかない。(混戦で)最後まで順位が分からないという試合にしたい」と、王者相手に対抗戦8年ぶりの勝利を誓った。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。