みんなに伝えたいスポーツ情報

阪神・藤浪、ダーツ投法で復活や!「肘からしっかり出す」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: ブルペンで投球する藤浪。ダーツをイメージし、肘を前に出して真っすぐ腕を振った(撮影・水島啓輔)

阪神安芸秋季キャンプ(4日、安芸)阪神・藤浪晋太郎投手(24)が“ダーツ投法”で基本に立ち返る。ブルペン投球を行い、直球とカットボールを交えて47球。キャッチボールでも右肘を意識しながら動作を繰り返すなどして、感覚を確かめた。

 “ダーツ投法”を染み込ませて原点回帰だ。藤浪がブルペンに入り、丁寧に感覚を確かめながら47球。肘を出してからボールを離すイメージを、ダーツの動作と重ね合わせて反復した。

 「肘からしっかり出さないときれいなリリースができないので。(それを意識することは)特別なことではなく、基本的なことだと思いますし」

 前日3日の個別練習では、ブルペンで捕手を相手に21球。「ダーツみたいな感じで」とイメージを口にするなど、繰り返しフォームを確認した。肘からしっかり出して、ボールを放す。投球の基本を体にたたき込んで、思い通りのボールを投げ込めるように汗を流した。

 福原投手コーチは「本人がそれでいい感覚が出るなら、そういう感覚で投げられればいいと思う。ブルペンでもいろいろ確認しながらやっていますし」とうなずいた。

 腕先だけで投げるダーツと、全身を使う野球とは投げ方は大きくことなるが、共通することもある。肘から出して、腕を真っすぐ下ろす。手先からいったり、左右にぶれるとコントロールも悪くなる。野球でも腕が横振りになっては、制球が定まりにくいのと同じだ。

 かつて虎のエースとして君臨していた井川も、練習に取り入れた一人だ。当時の野村監督から制球難を克服するために“ダーツトレ”を勧められ、打ち込んだ時期もあった。藤浪自身、家にダーツボードを設置しているほどのダーツ好き。そのダーツを投球につなげて基本に返り、課題の制球の安定や精度の向上につとめる。

 「自主練習をする時間も取れますし、自分の課題もできています。充実した1クール目だったと思います」

 今クールはブルペンでも投げ込みというより、1球1球、じっくりと感覚を確かめながら投げる姿が目立った。「せっかくなのでいろいろ試しながらやっていきたい」と話していた秋季キャンプ。まずは“ダーツ投法”を取り入れて、理想のフォームに近づけていく。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。