みんなに伝えたいスポーツ情報

【福島記念】トップハンデ馬サトノノブレスは先行粘り込みを狙う(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 58キロのトップハンデを背負うサトノノブレス

福島では日曜メインに今開催唯一の重賞、福島記念(11日、GIII、芝2000メートル)が行われる。ハンデ戦ながら過去10年で1番人気が【2・3・1・4】と活躍。トップハンデ馬は【1・2・0・9】の成績を残している。

 トップハンデは58キロのサトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡8歳)。日経新春杯、小倉記念、中日新聞杯、鳴尾記念と重賞4勝はこのメンバーで最も多い。今年の鳴尾記念(5着)以来約5カ月ぶりだが、鉄砲も利くタイプ。斤量を背負うので、先行してどこまで粘れるかが鍵になるが、マークが緩くなれば怖い存在だ。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。