みんなに伝えたいスポーツ情報

ラストマッチを戦う者たち 「別れと旅立ち」の全日本選手権 江口実沙(TENNIS.JP)

[ 元の記事 ]
出典元: 引退セレモニーでの江口実沙

今年で93回目を迎える全日本テニス選手権は、過去にも幾人ものプレーヤーが、現役生活最後の舞台に定めてきた大会である。
2009年には世界41位まで達した森上亜希子が、未戴冠だったタイトルを目指し最後のトーナメントに挑んだ。
2015年には、フェドカップ日本代表等でも活躍した瀬間友里加が、やはりこの大会を最後にキャリアに幕を引いている。

今年も、一人の選手が全日本選手権を最後にラケットを置いた。2014年の同大会優勝者であり、世界ランキング109位に達した、江口実沙(橋本総業)である。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。