みんなに伝えたいスポーツ情報

DeNA、ソフトB戦力外の寺原&吉村獲得調査(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
DeNAは今季限りでソフトバンクを戦力外となった寺原隼人投手(35)、吉村裕基外野手(34)の獲得に向けて調査することが5日、分かった。

 「ドラフト会議も終わったので、これから戦力を分析して足りない部分を考えていく。(交渉中の)4人の外国人との契約や支配下選手の登録枠も考えないといけない」

 編成担当トップの三原一晃球団代表(50)が語った。個人名は挙げなかったが、ともに横浜(現DeNA)でプレーした寺原、吉村は候補に含まれているようだ。

 寺原は2007年から4年間、横浜に在籍し、08年には開幕投手も務めた一方で、中継ぎとしての実績もある。吉村は03年に横浜に入団し、06年から3年連続で20本塁打以上を放つなど、ソフトバンクにトレード移籍する12年まで右の大砲として活躍。チームには右の代打として中川大がいるが、吉村の往年の勝負強さは魅力でもある。

 球団では両選手の体調面なども含め、調査を進める。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。