みんなに伝えたいスポーツ情報

【血統ピックアップ】エリザベス女王杯(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: ヴァフラーム

直線の長い京都外回りコースという舞台設定から、息の長い末脚が求められる。加えて例年、馬場の荒れ始める後半の開催に行われるため、力強さも備えたタイプの好走が目立っている。

 今年のメンバーで血統的にマッチするのは、ヴァフラームだ。英国産の父ハービンジャーは卓越したスタミナとパワーを武器に、2010年の“キングジョージ”を圧勝。種馬として来日すると、モズカッチャン、ディアドラ、ペルシアンナイトなどのGIホースを送り出している。母の父は日本ダービーとジャパンCを制したジャングルポケットで、中長距離への適性が高い。伯父に、ドバイデューティフリーなど国内外でGIを制したアドマイヤムーンがおり、母系からスピードを補っている。瞬発力にも非常に優れた配合だ。





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。