みんなに伝えたいスポーツ情報

中日・松坂、“仰天”来季年俸1億円!シーズン6勝も“営業査定”で6・67倍(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 「1アウト!」、いや「1億円!?」。人さし指を突き上げる姿も絵になる松坂の年俸が、大台に復帰した

中日・松坂大輔投手(38)が、球団との水面下での契約更改交渉で、今季年俸1500万円から8500万円増の年俸1億円で合意していたことが6日、分かった。“営業査定”を含んでの大幅アップ。ソフトバンクから移籍した今季は11試合に登板して6勝4敗、防御率3.74。野球ファンに夢と感動を与え、球団に多大な利益をもたらしたことも、大台復帰の要因となった。

 松坂の来季年俸1億円は高いか、それとも安いか…。球界内では賛否両論だろう。中日がはじき出したのは、1億円だったことが判明した。

 球団首脳は「近々、松坂選手は米国に向かうようなので、最終的にはファクスでやりとりします」と明かした。

 松坂は今季の全日程終了後、自宅のある米国ボストンに一時戻ったが、所用のため10月下旬に再来日した。現在は日本に滞在中で、その間に球団と契約交渉を行い、すでに来季年俸は1億円で合意。関係者によると、新たな出来高払いなどの細部を詰める作業をしているという。

 今季は11試合に登板して6勝4敗、防御率3・74。背中の痛み、背筋痛などで2度の長期離脱もあったが、ガルシア(13勝)に続くチーム2位の6勝。昨季まで在籍したソフトバンクでの3年間は、1軍登板1試合(0勝)だった。「アップは当然だが、6勝という数字だけを考えれば5000万円前後が妥当」と球団内でもささやかれた。

 しかし球団首脳は以前、「ファンサービスも積極的にやってくれたし、野球ファンだけでなく、全国に感動を与えた。それを来季の年俸の考慮に入れる」と、球界では珍しい“営業査定”を加算することを示唆。1500万円から実に6・67倍(567%アップ)となる1億円の大台復帰は、“松坂効果”への報酬だった。

 中日は前年と同じ5位に終わりながら、今季の本拠地主催試合の観客動員は214万6406人(71試合、1試合平均3万231人)。昨季の201万772人(72試合、同平均2万7972人)を大きく上回り、松坂がナゴヤドームで登板した9試合は合計29万7388人(同平均3万3043人)と、数字を押し上げた。背番号99に関連したグッズだけでも、数億円以上の売り上げがあったとみられる。

 村田修一や杉内俊哉ら同世代が今季限りで引退する中、松坂は2日、ナゴヤ球場で秋季キャンプを指揮する与田新監督や、西武時代にバッテリーを組んだ伊東新ヘッドコーチらにあいさつに訪れ、「今年の倍(の試合)は投げたい」と決意を新たにしたばかり。ソフトバンク時代の3年間は年俸4億円。レッドソックス時代には年俸10億円を超えた男だけに満足することなく、来季は本業で稼ぐ。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。