みんなに伝えたいスポーツ情報

【エリザベス女王杯】クロコスミア昨年2着の雪辱なるか!スマートレイアーは4度目のエリザベス女王杯挑戦(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 昨年2着の雪辱なるかクロコスミア

クロコスミア(5歳、栗東・西浦勝一厩舎)が、昨年のリベンジを狙っている。同馬は昨年、府中牝馬Sを制し、エリザベス女王杯に臨んだが、勝ったモズカッチャンにゴール寸前で交わされ、クビ差の2着という結果に終わった。

 クロコスミアは、今年も府中牝馬S(5着)をステップにエリザベス女王杯に出走するが、昨年の雪辱を果たし、女王の座に就くことができるだろうか。同馬には岩田康誠騎手が騎乗する。なお、クロコスミアを管理する西浦調教師は、騎手時代にエリザベス女王杯を制しており(1981年アグネステスコ)、“騎手&調教師”双方でのエリザベス女王杯制覇がかかる。

 また、スマートレイアー(8歳、栗東・大久保龍志厩舎)は今回が4度目のエリザベス女王杯参戦となる。過去3回は2014年10着、2015年5着、2017年6着という結果だが、4度目の挑戦で勝利を挙げることができるだろうか。なお、同馬にはエリザベス女王杯最多勝(4勝)の武豊騎手が騎乗する。


キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。