みんなに伝えたいスポーツ情報

ヤクルトD2位の法大・中山「目標は日本一」/明治神宮大会(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
明治神宮野球大会は9日、神宮球場で各地区大会を勝ち抜いた高校の部10校、大学の部11校が参加して開幕する。今秋ドラフトでヤクルト2位指名の法大・中山翔太外野手、DeNA2位の立正大・伊藤裕季也内野手、広島2位の九州共立大・島内颯太郎投手(いずれも4年)らのプレーが注目される。

 開会式が行われ、中山は「目標は日本一。打点にこだわり大会記録の本塁打3本も狙い、勝っていきたい」と気合。自らの背番号は37で、チームとしても37年ぶりの優勝を目指す。「神宮でやってきて、期待されていると思う」と東京六大学優勝校の意地を見せるつもりだ。(東京・港区)





キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。