みんなに伝えたいスポーツ情報

井岡、大みそかに4階級制覇に挑戦「最高の形で締めくくりたい」/BOX(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 大みそかの世界4階級制覇に意欲を示した井岡一翔=東京都新宿区(撮影・奥村信哉)

プロボクシングの元3階級制覇王者で、WBO世界スーパーフライ級3位の井岡一翔(29)=SAKYO=が12日、東京・新宿の「フィットネスボクシングKODLAB」で会見し、12月31日にマカオで、元3階級制覇で同級1位のドニー・ニエテス(36)=フィリピン=と同級王座決定戦を行うと発表した。日本人初となる4階級制覇に挑戦する。

 2年ぶりに大みそかのリングに上がる井岡は「大みそかは特別な日。その日に記録のかかった試合ができることは、すごくモチベーションが上がる。もう一度、チャンピオンに返り咲きたい」と穏やかな口調で話した。

 井岡は昨年11月にWBA世界フライ級王座を返上し、大みそかに現役引退。今年7月に現役復帰を表明し、階級をスーパーフライ級に上げて、9月に米ロサンゼルスで行われた「スーパーフライ3」に出場。WBC、WBO同級3位のマクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に3-0の判定で完勝し、1年4カ月ぶりの再起戦を白星で飾った。

 激動の1年間を過ごし、大みそかに大一番に挑む井岡だが、プライベートでは、歌手の谷村奈南(31)が11日に離婚をSNSで発表したばかり。この日の会見ではボクシングに関する質問に限定されたが、「いろいろあった1年だった。新たな記録を打ち立てて、2018年を最高の形で締めくくりたい。わかりやすくKOを狙って、最終的にKOできるよう」とうそぶいた。


キーワード