みんなに伝えたいスポーツ情報

【東スポ杯2歳S】ディープ産駒ルヴォルグ藤沢師「レースぶりは桁違い」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 新馬戦を「レースぶりは桁違い」の内容で勝利したルヴォルグ。名門厩舎から世代3頭目の重賞ウイナーが誕生するか

東京では土曜メインに東京スポーツ杯2歳S(17日、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去10年の勝ち馬からは、ディープブリランテ、ワグネリアンと2頭のダービー馬を含むGI馬7頭が誕生している出世レースだ。今年も楽しみな素質馬が顔をそろえた。

 ディープインパクト産駒のルヴォルグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)は、10月28日のデビュー戦(東京芝1800メートル)で4馬身差の圧勝を飾った。最後までノーステッキで、上がり3ハロン最速の33秒6をマーク。510キロの巨体で後続をグングン突き放していく姿は迫力満点だった。「まだそんなに強い調教をしていたわけではないのにすごいね。レースぶりは桁違いだよ」と藤沢和雄調教師は絶賛。英国の名手、ライアン・ムーア騎手とのタッグも心強い。グランアレグリア(サウジアラビアロイヤルC)、シェーングランツ(アルテミスS)に続いて、藤沢和厩舎から世代3頭目の重賞ウイナーが誕生するか。





キーワード