みんなに伝えたいスポーツ情報

【福島記念】スティッフェリオ重賞初V 丸山「大好きな福島で初めて重賞を勝ててうれしい」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 福島記念を制したスティッフェリオ

第54回福島記念(11日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走16頭)丸山元気騎乗で2番人気のスティッフェリオが3番手追走から抜け出し、重賞初制覇を飾った。管理する音無秀孝調教師は前日の武蔵野S(サンライズノヴァ)に続く2日連続重賞Vで、福島の現行4重賞(福島牝馬S、ラジオNIKKEI賞、七夕賞、福島記念)完全制覇を達成した。タイム1分58秒3(良)。1馬身1/4差の2着は3番人気マイスタイル。なお、9度目の重賞挑戦だった藤田菜七子騎手のトミケンスラーヴァは16着に終わった。

 ◆丸山騎手(スティッフェリオ1着) 「枠((2)番)がよかったし、展開もベスト。2歳時に緩かった体も成長しています。大好きな福島で初めて重賞を勝ててうれしいです」

 ◆田中勝騎手(マイスタイル2着) 「2番手からの形は予定通りだったし、後続に脚を使わせる競馬ができました」

 ◆田辺騎手(エアアンセム3着) 「タメが利きづらい競馬になってしまいました。時計が速く、ハンデを背負っているなかで、よく頑張ってくれた」

■スティッフェリオ

 父ステイゴールド、母シリアスアティテュード、母の父ムトト。鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績19戦6勝。獲得賞金1億4400万1000円。重賞初勝利。福島記念は音無秀孝調教師、丸山元気騎手ともに初勝利。馬名は「オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容」。


キーワード