みんなに伝えたいスポーツ情報

札幌大谷の太田が8回までノーヒットの快投 9回に3安打で2点を失うも初出場で決勝進出(スポーツ報知)




[ 元の記事 ]
出典元: ノーヒットノーランを逃した札幌大谷・太田流星は決勝進出を決めても悔しげ

◆第49回明治神宮野球大会第4日 高校の部準決勝▽札幌大谷5―2筑陽学園(12日・神宮)

 札幌大谷(北海道)の太田流星(2年)が、1974年の日大山形・金子隆以来、大会史上2人目の無安打無得点を惜しくも逃した。

 8回まで無安打4四球に抑えていたが、9回先頭の福島悠介(2年)に右前安打を許した。その後も2連打などで2失点した。太田は「周りから『世の中そんなに甘くないぞ』と言われた」と苦笑いしながらも「調子がいいので、今日もいけるかなと思っていた。(勝利に)貢献できてうれしい」と喜んだ。

 初出場対決を制した札幌大谷は、決勝で星稜(北信越)と対戦する。


キーワード