みんなに伝えたいスポーツ情報

稀勢の里、妙義龍に敗れて2連敗 貴景勝は豪栄道に勝って2日連続殊勲の星/九州場所(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 豪栄道を突き落としで破った貴景勝=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)

大相撲九州場所2日目(12日、福岡国際センター)初日、小結貴景勝(22)に敗れ、黒星発進となった今場所の「一人横綱」の稀勢の里(32)が、この日も平幕妙義龍(32)に寄り倒しで敗れる波乱が起き、2連敗となった。3日目は、平幕北勝富士(26)との取り組みが組まれている。

 大関高安(28)は激しい相撲の末、北勝富士をはたき込んで、上位陣として初日からただ一人の2連勝とした。大関豪栄道(32)は、初日横綱を倒して勢いに乗る貴景勝に突き落としで敗れ、今場所初黒星。初日敗れた大関栃ノ心(31)は、平幕錦木(28)を寄り切って初日を出した。7場所ぶりの初日黒星となった関脇・御嶽海(25)も平幕玉鷲(33)を押し出して、1勝1敗とした。地元福岡出身の平幕琴奨菊(34)は、平幕勢(32)を寄り切って2連勝と好スタートを切った。





キーワード