みんなに伝えたいスポーツ情報

「あそこまでナイスな選手はいない」錦織圭3時間18分の激戦の末に勝利 16強【USオープン】(TENNIS.JP)

[ 元の記事 ]
出典元: 16強入りを決めた錦織圭

9月1日 USオープン 大会6日目。
男子3回戦が行われ、錦織圭(日清食品)が第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-4、6-4、5-7、6-1で破り16強になった。

準備が遅いといきなりウォーニング(警告)を取られる錦織。そんなことの影響もあったのか「出だしが硬かった」と第1セットの第2ゲームで、自分のサービスゲームを落とし0-3、1-4とリードされる。
しかし「少しずつ振り切れ、良いボールで組み立てができるようになった」と一気に5ゲームを連取6-4で第1セットを取った。
第2セットは先にブレークするが、直後にブレーク・バックされる、一進一退の攻防。第9ゲームをブレーク。そのまま6-4で連取する。
第3セットは先にブレークを許し0-3となった錦織だったが、第7ゲームでブレーク・バック。しかし5-6でセットポイントを握られ、5-7で落とす。
第4セット。第1ゲームで錦織はブレークに成功「自分から打っていかないと勝てない相手。繋いでいると彼のいいテニスを引き出してしまう」と、同じようなタイプのプレーヤー同士の凄い打ち合いは接戦が続くが錦織が主導権を握り、3時間18分の激戦の末に勝利した。

2年ぶりの16強進出を決めた錦織、4回戦は優勝候補の一人、A・ズベレフ(21歳)と対戦か?と思われていたが。準々決勝進出をかけてF・コールシュライバーと対戦する。
ズベレフはドイツの34歳の先輩に7-6 (7-1), 4-6, 1-6, 3-6の逆転で敗れてしまったのだ。小さい頃からのプレーを知っている先輩の勝利だった。





キーワード