みんなに伝えたいスポーツ情報

侍J、連日の逆転勝利でシリーズ勝ち越し!最後は甲斐キャノン締め!!(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 8回、適時二塁打を放つ侍ジャパン・甲斐=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)

日米野球第5戦(14日、日本6-5MLB選抜、日本4勝1敗、ナゴヤD)侍ジャパンが、前日に続く逆転勝利でシリーズ4勝目(1敗)を挙げ、勝ち越しを決めた。2点を追う七回一死一、三塁から、代打・山川の2点二塁打で同点に追いつくと、八回二死一塁で甲斐の適時二塁打で勝ち越しに成功した。最後は甲斐キャノンが締めた。悪送球で二塁を狙った走者をカバーに入った甲斐が好送球で刺して、試合終了。日本が4勝目を挙げた。

 日本は東浜(ソフトバンク)、MLB選抜はゲラ(ブルワーズ)が先発した。先制はMLB選抜。二回無死一塁から、ホスキンス(フィリーズ)が2試合連続本塁打となる左越え2号2ランを放ち、2-0とした。その裏日本は、先頭の岡本(巨人)のセンターバックスクリーンに飛び込む同点1号ソロ弾で、1-2とした。

 MLB選抜は、三回一死二塁の場面でソト(ナショナルズ)の適時打で3-1とすると、四回二死一塁から、モリーナ(カージナルス)が日本2番手の浜口から右中間へ適時打を放ち、4-1とリードを広げた。さらに六回二死二塁の場面で、サンタナ(フィリーズ)の適時打で5-1とした。

 日本が七回、反撃に出た。無死一、三塁から、甲斐(ソフトバンク)が右前適時打で2-5とした。なおも無死一、二塁から、田中和(楽天)の投ゴロをベラスケス(レッドソックス)が二塁へ悪送球。三走が生還して3-5とした。さらに一死一、三塁から、代打・山川(西武)左中間へ運ぶ2点二塁打を放って2者が生還。5-5の同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。

 日本は八回二死から、上林(ソフトバンク)が右前打で出塁すると、二死一塁から、甲斐が中前方向に勝ち越し二塁打を運び、上林が一気に生還。6-5と勝ち越しに成功した。

 最後は九回一死から、ハニガーの放ったニゴロで併殺を取りにいった山田が一塁悪送球。二塁を狙ったハニガーを一塁後ろでカバーに入った甲斐が好送球で刺し、ゲームセット。スタンドは大歓声に包まれた。





キーワード