みんなに伝えたいスポーツ情報

北別府学氏、広島退団のエルドに感謝「カープが強くなった功労者の一人」(サンケイスポーツ)




[ 元の記事 ]
出典元: 北別府学氏

プロ野球・元広島投手の北別府学氏(61)が14日、ブログを更新。広島がこの日、ブラッド・エルドレッド内野手(38)と来季の契約を結ばないと通告したと発表したことに、「本当に寂しいニュースです」と悲しんだ。

 エルドレッドは2012年6月に米大リーグのタイガース傘下のチームを経て広島に入団。球団ではジム・ライトル(1977-82年)を抜いて外国人選手としては球団史上最年長となる7年間在籍した。北別府氏は「カープが強くなった功労者の一人だと思います」と感謝した。

 通算では577試合に出場し、打率・259、133本塁打(球団外国人選手では歴代2位)、370打点。「日本人より日本人らしい」真面目で勤勉な人柄、マツダスタジアムへの通勤は“ママチャリ”を使用するなど多くのカープファンに愛される助っ人だった。

 北別府氏はエルドレッドが赤い自転車で広島市内をぶらぶらしているのを見かけたことがあるといい、「愛されキャラでした。今後益々の活躍を願って止みません」とエールを送っていた。


キーワード