みんなに伝えたいスポーツ情報

森保監督、大渋滞に巻き込まれ「試合をできることに尽力してくれた方に感謝」(サンケイスポーツ)

[ 元の記事 ]
出典元: 後半、声をかける日本代表・森保監督=大分銀行ドーム(撮影・蔵賢斗)

キリンチャレンジ杯(16日、日本1-1ベネズエラ、大銀ド)日本は、はDF酒井宏樹(28)=マルセイユ=が前半39分に先制点を挙げたが、後半35分にPKを献上。同点に追いつかれ、試合はそのまま引き分けたに終わった。

 森保監督は試合後のインタビューで「今日は選手たちがなかなかウォームアップも出来ない中、最善の準備をしてくれて、先制点を奪うことが出来て、その後追加点のチャンスを奪って試合を勝ちきりたかったところですけど、そこは課題で、しっかり勝ちきれるように考えていきたい」と勝ちきれなかったことを悔やんだ。

 この日は交通渋滞に巻き込まれ、会場到着が大幅に遅れたこともあり「試合開始に間に合わないかなと思っていたところ、警察の方が先導してくださって、サポーターのみなさん、おそらく多くの方が試合に間に合わなかっただろうけど、道を開けてくださって我々に道を譲ってくださったこと、きょう試合を出来たこと、サポーターのみなさんや今日試合をできることに尽力してくれた方に感謝してます」と述べた。





キーワード